パン

メロンパン

Img_1539

久々のパン作り。

パン教室は卒業してしまったけど、教室でできたお友達と3人で自宅にてパン作りをしました。

ちょっとした教室って感じです。

上に乗っかっているクッキー生地も作りました。思ったより簡単にでき、焼き上がりも見た目もとってもかわいくで大満足な仕上がり。

明日お友達におすそ分けします。

070703_210024_m_1

今日集まった友人の中に、お誕生日の子がいたので、ケーキとシャンパンでお祝いしました。

今年3〇歳になる彼女のために、蝋燭をきちんと本数分用意しました。

火事になるかと思いました。

30過ぎたら蝋燭の本数を減らすか土台を大きくするかどちらかですね。笑

勉強になりました!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

卒業制作

Img_1338

本日を持ちまして、1年間通い続けたパン教室を卒業しました。

最後の授業は自主制作でした。

コレ、なんだかわかります?

キョロちゃんです。笑

たまたまコンビニで買ったチョコボールの箱を見て思いつきました。

コレがなかなか難しい。

パンの生地って伸ばしても伸ばしても縮んでしまうし、ちゃんと丸く成形できないんですよね。

やっと苦労して完成しました。

今の生活に少し時間ができたら、また新しいクラスを受けたいと思っています。

Img_1337 キョロちゃんとプレート、左下にはチョコボールを作りました。中にはちゃ~んとチョコが入っています。

塗り卵をしてグラニュー糖を振りかけたので、ほんのり甘くておいしいパンになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ポンデケージョ

Pon

CUOCAで簡単にできるポンデケージョの粉を買いました。

合わせる材料(お粉、250gに対して)

●卵全卵 2個

●サラダ油 35cc

●エダムチーズパウダー 50g

●水 100cc

これらをお粉に加えて混ぜ合わせてから適当な大きさに丸めて、

170℃で30分焼けば出来上がりです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリームパン

Img_1516

カスタードクリームがたっぷり入ったクリームパン。

欲張ってクリームを入れすぎて、若干はみ出てます。笑

二次発酵の時点でぷっくりふっくらした生地は、焼きあがるとこんがり狐色をしておいしさを増していました。

もちろん味もGood!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュトーレン

Img_1427

シュトーレンはドイツの伝統的なパンです。

ブランデーなどに浸けておいたドライフルーツを、たっぷりのバターと一緒に練りこんで焼いたパン。普通のパンと違ってかなり重くて日持ちがします。パンというよりはお菓子、ケーキとして食べられます。

ドイツではクリスマスを待つ何週間か前にコレを作り、身内や身近な友人とささやかにティーパーティをし、シュトーレンを薄く切って賞味する。ドイツではクリスマスと言えばケーキではなく、シュトレンであると言えるほど、一般的である。

粉砂糖をたっぷりまぶしてありますが、コレは雪を表しているそうです。

パンの形も、幼子イエスを産着で包んでいるというふうに見たてられているらしいです。

今回はラム酒漬けレーズンとオレンジピール、アーモンドスライスを入れて焼き上げました。

焼きあがったら生地の表面にバターをたっぷり塗ります。油脂コーティングをすることで日持ちがするそうですが、手作りの場合は保存料が入っていないため、持って3日くらいだそうです。

バターとお砂糖、卵がたっぷり入ったシュトーレンは、お菓子のようでとても美味しいです。

レシピブログに参加しております。

他にも美味しいレシピがたくさん載っていますので是非ご覧下さい。

↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (2)

おいしいパンの頂き方

Img_1335

最近ハマってしまっている天然酵母のバケット。

先週末に3本買い、いつもお世話になっているオーナーさんと叔父へおすそ分けしました。

いつもクリームチーズにつけて食べるので、クリームチーズ用の器をUSAGIYAで購入しました。

このシリーズの器がとても大好きです。

さて、1ヶ月ほど前からハマているこのパン。

今までにバケットを4本ほど購入して食べているのですが、最近ようやくおいしく食べられる秘訣を発見しました。

それは保存方法。

お店で購入したときは、バケットようの細長い紙袋に入っています。

私はいつもその紙袋のままに入れた状態で3日くらいかけて食べるのですが、この間買ったバケットは、3日目にはカチカチぱさぱさになっていて、「あれ?」という体験をしたのです。

そして今回、これはすごく偶然に起こったことなのですが、いつもなら紙袋のまま放置しておくのを、さらに手提げのビニール袋に入れたまま保存していたのです。

するとびっくり。

3日目でもしっとりしておいしいのです。

あのぱりぱりが嘘のように。

その話をオーナーにしたところ、パンは通常ビニールなどに入れて、乾燥を防ぐのが一般的だそうです。

また、食べきれないときは、買ってすぐ切り分けて、冷凍庫で保存し、食べるときにそのままトースターで焼いて食べるとおいしいのだそうです。

日常のちょっとしたことでおいしさを発見してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フレンチトースト

Img_1330

フレンチトーストは大好きなのですが、ほんとうにときどきしか作りません。笑

たぶん、1年以上ぶりに作った気がします。

サンドイッチ用のパンが数枚残っていたのでそれを使いました。

お砂糖を少なめにして、最後メイプルシロップかけて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるみのプティジュネ

Img_1250

春の嵐で大荒れの中作ったくるみパン。

ちょうどいい雨宿りができました。

作ってる最中も横殴りの雨に帰りの心配をしていたけど、帰る頃には嵐も過ぎ去り、雨も上がっていました。

ローストしたくるみを、バターと卵がたっぷり入ったリッチな生地に混ぜ込んで焼き上げます。

二次発酵でぷっくりきれいに膨らんで、とてもいい焼き色がつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Boulangerie ichi

Img_1242

おうちの近くの気になるお店。

フランスパンがとってもおいしいんだって。という噂を聞いて、日曜の朝早起きをしてお店へ向かう。

いつも夕方には売切れてしまうので、なかなか買うチャンスがなかった。

9時開店。11時くらいにお店に行くと、噂に聞いたフランスパン。最後の一本。良かった。ぎりぎり間に合った。

そしてクロワッサンとチョコチップパンも買って、お昼に頂きました。

とってもおいしい。

クロワッサン。今まで食べた中でも上位にランクインします。

shopカードには「液体天然酵母のパン」と書かれていました。

このクロワッサン。病み付きになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vin rouge・パン・ド・ヴァン

Img_1219

Vin=ワイン(仏)

rouge=赤(仏)

仕込み水に赤ワインを使用し、ブルーベリーとナッツを混ぜ込んで作りました。

赤ワインのきれいな色が出ていました。

ブルーベリーや混ぜ込んだライ麦の味を引き出させるために生地はややリーンな生地。

少しブルーベリーの甘みがあっておいしいです。

教室の先生に、「クリームチーズ」をお勧めされたので、

さっそくうちに帰って試してみました。

Img_1223

絶品!

この組み合わせ最高においしいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

USAGIYA | おやつ | お店 | お弁当 | ごはん | パン | マクロビオテック | 趣味